Powered by 起業の窓口 byGMO
  1. 起業の窓口TOP
  2. 起業の窓口マガジン
  3. 開業
  4. 開業の記事一覧
  5. フリーランスの成功は営業活動がカギを握る!仕事を得るためのポイントや注意点を解説
開業

フリーランスの成功は営業活動がカギを握る!仕事を得るためのポイントや注意点を解説

フリーランスの成功は営業活動がカギを握る!仕事を得るためのポイントや注意点を解説

フリーランスで成功するには営業活動が大切です。

まずはクライアントに提供できる自分のスキルを把握し、他のフリーランスと差別化できるポイントは何なのか明確にする必要があります。

ポートフォリオの作成やコミュニケーション力の向上、人脈を広げてアプローチできる相手を増やすことも重要です。

また、営業活動に必要なことを押さえれば、仕事を得られる確率が高まります。事前にポイントを理解して、スムーズな仕事獲得を目指しましょう。

この記事では、フリーランスの成功に大切な営業活動や仕事を得るためのポイント、営業で失敗しないための注意点、具体的な営業方法について詳しく解説します。

フリーランスの成功には営業活動が大切

フリーランスの成功には営業活動が大切

フリーランスの成功には、営業活動が欠かせません。

なぜなら、フリーランスは会社員のように仕事を割り当てられるわけでなく、自分で営業活動を行い仕事を獲得する必要があるからです。

主な営業活動の方法は、直接営業と間接営業の2種類があります。

直接営業は、企業や個人に直接アプローチして仕事を獲得する方法で、高い報酬を得られる可能性がある一方、営業スキルや人脈が必要です。

間接営業は、エージェントやクラウドソーシングなどを介して仕事を獲得する方法で、報酬が低くなる可能性がある一方、営業スキルや人脈を必要としません。

フリーランスが営業活動で成功するには、以下のポイントが重要です。

  • 自分の強みやスキルを明確にする
  • ターゲット顧客を明確にする
  • 営業戦略を立てる
  • 継続的に営業活動を行う

営業活動の質を高めれば、仕事を獲得できる確率は一段と高まるでしょう。

フリーランスが営業で仕事を得るためのポイント

フリーランスが営業で仕事を得るためのポイント

ここでは、フリーランスが営業で仕事を得るためのポイントを解説します。

クライアントに提供できる自分のスキルを把握する

フリーランスが営業で仕事を得るためには、自分のスキルを把握することが重要です。

仕事を依頼してもらうためには、クライアントが抱えている課題を解決しなければなりません。そこで重要になるのが、課題を解決できるスキルのアピールです。

自分のスキルを把握しておけば、クライアントに明確な提案を行えます。自分のこれまでの経験や実績を振り返り、客観的に評価してみましょう。

自分のスキルを明確に把握できたら、クライアントが理解しやすいよう整理します。

例えばポートフォリオや営業資料を作成し、クライアントに課題の解決をアピールできる方法を検討してください。

他のフリーランスと差別化できるポイントを明確にする

フリーランスが仕事を依頼してもらうには、他のフリーランスと差別化できるポイントを明確にする必要があります。

クライアントは、自社の課題を解決してくれる人材に依頼するのが一般的です。以下の内容から差別化できるポイントを明確化しましょう。

  • 他のフリーランスと比べて優れている点は何か
  • 自分のスキルや経験をクライアントの課題解決にどう活かせるのか
  • 自分のスキルや経験をクライアントにどう伝えるのか

差別化できるポイントを見つけるには、自分のスキルや経験を客観的に評価する基準が大切です。これまでの経験や実績を振り返り、実際に用いたスキルや経験を精査しましょう。

また、他のフリーランスのスキルや経験をリサーチして、自分の強みと弱みを比較するのも効果的です。

ポートフォリオを作成して実績を公開する

ポートフォリオとは、過去に手がけた仕事の成果物や実績をまとめたものです。ポートフォリオを作成すると、クライアントに自分のスキルや経験をアピールできます。

作成する際は、以下の点に注目しましょう。

  • クライアントのニーズを把握する
  • わかりやすく見やすいデザインにする
  • 最新の成果物や実績を掲載する

クライアントがどのようなスキルや経験を求めているのかを理解したうえで、誰が見ても理解できるように、わかりやすくポートフォリオを作成しましょう。

また、最新の成果物や実績の掲載も重要です。クライアントには直近の成果物や実績を伝え、信頼を獲得して営業活動を成功させましょう。

コミュニケーション力を身につける

コミュニケーション力は、営業活動の成功を左右する重要なスキルです。

クライアントと信頼関係を築き、円滑なプロジェクト進行を実現するには、効果的なコミュニケーションを取る必要があります。

クライアントとのコミュニケーションの基本は、丁寧で分かりやすい言葉遣いです。

できるだけ専門用語を避け、平易な言葉で説明するとクライアントの誤解を防ぎ、円滑なコミュニケーションを促進できます。

また、話を聞くだけでなく、クライアントの言葉に真摯に耳を傾ける対応も大切です。質問や確認を挟みながら理解を深めると、クライアントの真意を把握できます。

事前に報酬額や時間単価を決めておく

報酬額や時間単価を明確にする作業は、フリーランスとして生計を立てていくうえで重要です。

報酬額や時間単価を決めておくことで自身の価値を客観的に評価できるほか、クライアントに信頼感を与えられます。

また、自身のスキルや経験に見合った適正な報酬を得られる可能性も高まるでしょう。

事前に決めておかなかった場合は、クライアントとの間でトラブルが発生する可能性があります。これまで築き上げた信頼関係が一瞬にして崩れる可能性もあるため、注意が必要です。

報酬額や時間単価を決めたあとは、見積書や契約書に明記しましょう。

人脈を広げてアプローチできる相手を増やす

仕事を多く獲得するには、人脈を広げてアプローチできる相手を増やす行動が重要です。人脈を広げると、以下のメリットが得られます。

  • 紹介案件を獲得できる可能性が高まる
  • 協力関係を築ける可能性がある
  • 自分の活動をPRできる場が増える

人脈が広がれば、本来ではもらえない案件を獲得できる可能性があります。また、自分をPRできる場も増えるため、仕事につながりそうな相手を増やす行動は重要です。

業界関連のイベントやセミナーへの参加、フリーランス向けのコミュニティに積極的に参加すると、アプローチできる相手と出会える確率が高まります。

人脈を広げるには時間と労力が必要ですが、フリーランスの営業活動では重要な戦略になるため、積極的に行いましょう。

フリーランスが営業で失敗しないための注意点

フリーランスが営業で失敗しないための注意点

ここでは、フリーランスが営業で失敗しないための注意点を解説します。

初めて営業活動する場合はうまくいかないケースもありますが、自分のポテンシャルを最大源に活かして、積極的に行うことが重要です。

営業の結果がすぐに現れなくても諦めない

フリーランスの営業活動は、常に成功するとは限りません。そのため、結果がすぐに現れなくても諦めずに継続することが重要です。

仕事の獲得は職種によって競争が激しくなります。優位に立つためにも、自分のスキルや経験を磨き続けましょう。

また、積極的に営業活動を行うことも大切です。異業種交流会や企業イベントに参加したり、自分のスキルをSNSで情報を発信すると営業の幅が広がります。

成功するまでには時間と労力が必要ですが、営業活動を継続していれば仕事を獲得できる機会は巡ってくるでしょう。

低単価の案件を避けて自分のスキルにあった報酬を貰う

フリーランスにとって報酬は、活動を継続するために重要なモチベーションのひとつです。しかし、焦りから低単価案件を受注してしまうと十分な収入を得られません。

失敗しないためにも自分のスキルと経験を客観的に評価して、適切な報酬の設定が重要です。

これまでの実績や実務経験、保有資格をもとに相場と比較しながら相応しい案件を獲得しましょう。また、報酬額は案件内容が適切なのか判断する必要があります。

  • 必要な作業時間
  • 難易度
  • 責任がともなう範囲

自分のスキルにあった報酬を貰うには根拠を明確にし、柔軟な姿勢を見せるのが大切です。

短期的な利益にとらわれず、長期的な視点を持ち、安定した収入を継続的に得ることを第一に考えていきましょう。

クライアントに悪印象を与える無理な押し売りを避ける

フリーランスは、常にクライアントと良好な関係を築く対応力が大切です。焦りや不安から無理な押し売りをしてしまうと、悪い印象を与え、関係が悪化する可能性があります。

悪い印象を与えないためにも、以下のポイントに注意しましょう。

  • クライアントのニーズを理解する
  • 提案内容を明確に説明する
  • クライアントの意思を尊重する

クライアントと信頼関係が築けた場合には、長期的なビジネスにつながります。無理な押し売りは関係を損なう可能性があるため、注意が必要です。

フリーランスの具体的な営業方法

フリーランスの具体的な営業方法

ここでは、フリーランスの具体的な営業方法について解説します。営業が得意な人や苦手な人も基本を忘れずに、営業活動を行いましょう。

すでにある人脈を活用して営業を行う

人脈がすでにある場合は、上手く活用しながら営業を行うと効果的です。

フリーランスの多くは紹介によって案件を獲得しており、直接営業やクラウドソーシングよりも効率的な営業が可能になります。

活用する際は、自分のスキルや経験を必要としている相手を探すことが重要です。押し売りにならないように、自然なアプローチができるよう心がけましょう。

気になる企業に電話やメールで営業を行う

フリーランスが営業を成功させるには、電話やメールを用いるのが効果的です。気になる企業が見つかったら、電話で以下の内容に注意しながら営業を行いましょう。

  • 事前に要件をまとめ、簡潔に説明できるようにしておく
  • 相手の時間を尊重し、長時間の営業は避ける
  • 断られた場合でも、次回の営業につなげられるようにしておく

また、メールで営業する場合は以下の内容に注意しましょう。

  • 件名に要件を明記する
  • 丁寧な言葉遣いを心がける
  • すぐに返信できるようにしておく

フリーランスにとって、気になる企業から案件を獲得できればモチベーションも上がります。慎重にアプローチを行い、成功の確率を高めましょう。

ホームページや広告用サイトを作成する

フリーランスは、ホームページや広告用サイトを活用した営業が可能です。クライアントが抱える課題にスキルや実績がマッチすれば、仕事を依頼される場合があります。

また、ホームページや広告用サイトの作成には以下のようなメリットもあります。

  • 自分のスキルや経験をアピールできる
  • クライアントからの問い合わせを増やすことができる
  • 信頼感を高めることができる

作成する際はターゲットを明確にし、情報をわかりやすく簡潔にするのが大切です。デザインやレイアウトにもこだわり、定期的にホームページを更新しましょう。

SNSで情報発信して営業につなげる

SNSは、フリーランスにとって仕事を見つける大切なツールです。積極的に情報を発信すれば、潜在顧客とつながる可能性が高まります。

SNSで情報発信して、営業につなげるポイントは以下の通りです。

  • ターゲット層に合わせた情報を発信する
  • 定期的に投稿する
  • コメントやメッセージに丁寧に返信する

SNSは使い方次第では強力な営業ツールになります。積極的に情報発信を行い、クライアントとつながる可能性を広げましょう。

セミナーや交流会に参加して営業する

セミナーや交流会に参加して営業する方法は、効果的な営業戦略のひとつです。

自分のスキルや経験を対面してアピールできるほか、潜在顧客とつながったり、人脈を広げられるメリットがあります。

また、セミナーや交流会に参加する際は、自分のターゲットを見失わない計画も重要です。

事前に準備をして、積極的にコミュニケーションを取りながら、名刺交換や連絡先の交換を忘れないようにしましょう。

現地で営業が成功しなかったとしても、次につながる可能性は大いにあります。

営業が苦手なフリーランスのおすすめ営業方法

営業が苦手なフリーランスのおすすめ営業方法

ここでは、営業が苦手なフリーランスを対象におすすめの営業方法を解説します。

クラウドソーシングを使う

クラウドソーシングサイトは、間接営業のみで仕事を獲得できます。

さまざまな案件が掲載されているため、自分のスキルや経験に合ったものに応募するだけでアプローチが可能です。

クラウドソーシングで仕事を見つけるには、まずプロフィールを充実させましょう。実績やスキルを詳しく記載すれば、営業の手間が省けます。

案件に応募する際は、クライアントの課題を解決できる根拠と実績を文面でアピールするのが大切です。

フリーランス用のエージェントサービスを使う

フリーランスエージェントサービスは、フリーランスを対象に企業との案件のマッチングや、契約手続きなどのサポートをしてくれます。

営業活動の手間を大幅に減らし、案件の獲得を効率化する際に効果的な方法です。

また、自分に合った案件を紹介してほしい場合や、契約手続きなどの事務作業を代行してほしい場合にも重宝します。

自分に合ったフリーランスエージェントサービスを見つけ、フリーランスエージェントサービスを有効活用しましょう。

知人や友人から仕事を紹介してもらう

営業が苦手な場合は、知人や友人から仕事を紹介してもらうのもおすすめです。ただし、紹介してもらう際は以下の点に注意しましょう。

  • 自分が求めている仕事を伝える
  • スキルや経験をしっかりと伝える
  • 積極的に連絡を取る

スキルや実績と希望する仕事の詳細を伝えれば、紹介してもらえる可能性が高まります。

もし、実際に仕事を獲得できた場合には、知人や友人に必ず感謝の気持ちを伝えましょう。気持ち良い関係を築けば、今後も仕事を紹介してもらいやすくなります。

まとめ

フリーランスとして成功するためには、営業活動が鍵を握ります。

営業で仕事を得るためには、自分のスキルや実績に加えて、他のフリーランスと差別化できるポイントの明確化が重要です。

営業は必ずしも成功するとは限りませんが、諦めずに継続すれば案件の獲得につながります。

営業方法は直接的なものだけでなく、ホームページやSNS、企業セミナーからチャンスを掴むことも可能です。

そのため、多方面から積極的にアプローチして、営業活動を成功へと導きましょう。

今後フリーランスを始める場合には、GMOが運営するフリーナンスがおすすめです。業務上の事故で納品物を欠陥した場合に補償してくれるサービスやケガや病気で働けなくなったときの所得補償制度が備わっています。

フリーランスの方を支える保険に加入しておくと、万が一のときでも安心です。

また、資金繰りで困った場合には、手持ちの請求書をすぐに現金化できるGMOフリーランスファクタリングがおすすめです。

会員登録や身分証提出が不要となっており、最短で申込みから30分で審査が完了します。急な出費で困ったときには、ぜひご活用ください

記事監修
中野裕哲
中野 裕哲 HIROAKI NAKANO
起業コンサルタント(R)、経営コンサルタント、税理士、特定社会保険労務士、行政書士、サーティファイドファイナンシャルプランナー・CFP(R)、1 級FP 技能士。 V-Spiritsグループ創業者。東京池袋を本拠に全国の起業家・経営者さんを応援!「あの起業本」の著者。著書16冊、累計20万部超。経済産業 省後援「DREAMGATE」で11年連続相談件数日本一。
  • facebook
  • twitter
  • twitter

関連記事

30秒で簡単登録

厳選サービスを特典付きでご紹介

「起業の窓口 byGMO」はGMOインターネットグループ株式会社(東証プライム上場)が運営しています。